読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元メモ帳

アニメ、ゲームなどの考察ブログ。

FGO 【悲報】宝具スキップ実装の望みなし【周回とは】

FGO 宝具スキップの望みなし

こちらの記事を御覧ください

dengekionline.com

 

 今回は完全に愚痴記事ですので、不快な思いをするかも、という方はブラウザバックで。

 

・一番気になった点 

 僕が今回の記事で一番気になったのはやはり、FGOは効率を追求するゲームではない、という点でしょうか。

 ソシャゲという媒体で出している以上、イベントを周回したり、サーヴァントを育成するために種火を周回したりするのは当たり前です。

 周回というのは100%作業です。作業に効率を求めるのは当然だと思います。

 育てたいサーヴァントを必ずメインに連れて種火周回してる人います? よくて絆のためにサブにおくぐらいで、後は周回に必要なサーヴァントを育成している時ぐらいですよね。

 種火とか孔明のスキル連打して、ステラして全体バーサーカで薙ぎ払う、でしょうし、イベントも周回に関しては3、4ターンで終わらせるために宝具連打しますよね。

 まぁ、そうじゃないという方も当然いるでしょう。

 ですが、サーヴァント育成に際して、大量の種火と素材はレベル上げという時点で要求されています。別にスキル上げの話じゃないですよ。レベル上げて進化するだけで大変だと思います。

 星5サーヴァントではなく、星3サーヴァントの例を出して見ましょうか。

 こちらは星3サーヴァントでも優秀なクー・フーリンです。

f:id:gonnbeixxx:20170329213212j:plain

 

 彼をレベルマックスにするまでの必要な星4種火の総数は、全てクラスが一致した種火で177個。そんな都合よく全部集まるわけありませんから、ここではキリよく200個にしておきましょう。

 さて、種火周回AP40を支払って、一度に手に入る星4種火は最大で9個。

 まぁ、バラけて星3も手に入ると思いますが、ここでは常に星4種火が出たとします

 単純に計算しても種火を最低22周する必要があります。

 次に素材ですが、まぁピースとモニュメントは除外したとして必要な素材は

 混沌の爪×3 世界樹の種×3 八連双晶×11 鳳凰の羽×7です

 正直いって批判的な記事に他の人のデータを使いたくないので、詳細なデータはぶきます。

 ですが、爪、羽は特に集めにくい印象です。八連や種はあまり困ったことがなく、フリクエで集めたことはないのですが、羽は銀素材のくせに非常に落ちにくい印象です。体感ですが、一番効率のいいところを周回しても爪や羽は10~30%といった感じです

 ドロップ率30%でも10周でようやく1個落ちるといった感じです。まぁ当然偏りはあると思いますが、爪と羽を集めるだけでも100周とかするわけですよ(数が多すぎて不安になってきた。計算間違ってたら教えてください)

 イベントで集めるとして、今回の本能寺イベのレートで計算してみましょう。

 爪は平蜘蛛120個 八連は茶碗440個 世界樹の種は約茶碗90個 鳳凰の羽は約平蜘蛛210個(種と羽は適当ですが、まぁ銀素材それぞれ平蜘蛛と茶碗に割り振るとこんな感じかと)

 とりあえず平蜘蛛を集めるために副産物込で考えて「大焦熱地獄」を周回すると仮定しましょう。平蜘蛛合計330個を集めるために必要な周回数は約7周。この時点で茶碗は約170個集まっていますので 残り約360個を集めるために焦熱地獄を周回するとこれは約9周になります

 礼装などは考えていませんのでもっと手軽に周回できると思いますが、とにかく約16周で終わる計算です。

 イベントで考えても約16周なわけですから、それなりに数をこなす必要があるのはわかると思います。

 種火とイベントで合わせると合計約38周ですか。きついですね。wave数に直すと342waveですか。やべーな。

 これだけ周回させているのに効率重視ゲーじゃないって言われましても、困るんですよね。

 

・宝具スキップは実装されなさそう

 なんか、さも宝具スキップ=効率みたいな話になってますけど、宝具スキップって効率じゃなくて快適さだと思うんですよね。

 宝具スキップが実装されて、効率的にサーヴァントを育てられるようになった結果、苦労しなくなってサーヴァントへの愛情が薄れるって、なんか、どんだけ薄い愛情なんだって感じですよ。

 宝具スキップが実装されてほしいのは快適にプレイしたいからですよ。宝具打ったらアプリ落ちちゃうようなゲームなんですよ。

 まぁ、未来永劫ではなく、今のところない、って感じの言い方だったんで、ぜひ宝具スキップお願いします

 どんな言い訳をしたってFGOは効率を求めるように出来ているゲームなんですよ。ただ、他人と競争するシステムじゃないので、うまく自分で作業に対しての折り合いをつけられるだけだと僕は思います